水と衣料産業の責任
Amidori (アミドリ) 水と衣料産業の責任
淡水は私たちの生存にとって最も重要な恵みです。
しかし、気候変動や環境汚染によりますます利用が難しくなっています。
 
私たちは、水資源を守り、すべての人びとが利用できるように戦うべきではないでしょうか。 残念ながら、現在そのような状態とは言えません。衣料産業にはその責任があります。
 
 
最近の Water Witness International (UK) のレポートでは、アフリカでの繊維産業による水の搾取や汚染の影響を読むことができます。重金属やその他の有毒物質による河川の水の甚大な汚染、さまざまな地域で繊維生産を優先させ水を利用し、長期間水を奪っています。
私たちには何ができるのでしょうか。
 
私たちはサステナブルと明示されている製品を買うことができます。私たちは情報を手に入れることができます。法律で義務付けられていなくても、私たちは企業に環境を尊重したプロセスを採用しているか尋ねることができます(例 B-Corporation)。私たちは政府に、日本で本当にエシカル・サステナブルば製品を販売させるために、管理、認証、基準の採用を課すよう求めることができます。
 
一部の国では、企業がその国で働くことを助成するため、法律が厳しくありません。しかし、もし私たちがその製品を購入するなら、企業が統一された倫理的な行動と、事業を行うすべての国で等しいサステナブルな基準を採用するように、強く求めるするべきでしょう。
 
これは、環境や私たちの未来だけではなく、企業が労働者を尊重する事に繋がります。

Share

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on linkedin

Brand

Related Posts