サステナビリティとパッケージング
Amidori (アミドリ) サステナビリティとパッケージング
 
サステナビリティを話す時に、非常に大切なテーマ、パッケージング。
事実上、路上で収集したゴミや、家に溜まったゴミを見ると、多くがパッケージングによるものだと気が付く。
 
第一のアクションとしては、パッケージングを少なくしていくことや、可能であればパッケージングをなくすことだ。例えば私たちは毎回エコバッグを持っていき、買い物をすることができる。服を購入するときも紙袋や環境に悪影響のプラスチックの袋をもらわず、自分の手持ちのバッグに入れて持ち帰ることができる。
 
パッケージングを排除することができない場合は、再生紙やリサイクルした布などのサステナブルな素材を使った解決策を探す必要がある。
日本に昔からある「風呂敷」は、パッケージングに何度でもどのようにでも使えるように布地を利用した、いい例のひとつだ。
 
再利用可能で、使い捨てではないパッケージングは素晴らしい解決策である。
この解決策は、特にUSAで発展しており、色々なサービスがある中、Returnity はファッションの分野でも利用されている。
 
Returnity は、リサイクルされる前に何度でも利用できるように、さまざまな目的のために考えられたパッケージング・サービスを提供している。 Returnity のような解決策は、宅配と集荷を伴う衣類品のレンタルサービスや、倉庫から店舗へ商品を移動する場合に最適だ。
日本でもこのような解決策が生活の中に見られるようになることを願う。
 
消費者として、私たちは気を付けなければならない。真にサステナビリティに向けて取り組む企業は、製品の包装や輸送における選択についても自覚している。
 
あなたはパッケージングについて、どんな解決策を見つけて、それを採用しましたか?

Share

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on linkedin

Brand

Related Posts