サステナビリティって何?
Amidori(アミドリ) サステナビリティって何?

Photo by Sebastian Pena Lambarri on Unsplash

サステナビリティ(持続可能)とは何か

この地球上で私たちが生きることのできる、命を与える条件は、奇跡的な実りであり、 崩れやすいバランスの上に成り立っています。

何年も前からではなく、最近まで人類がその行動をもってこの均衡を壊す可能性があるとは考えられていませんでした。しかし、近年の消費的発展により、資源は無限ではないこと、自然はいつも私たちの間違いを修復できるわけではないことを、私たちに気づかせました。

サステナブルであるとは、私たちの生存に必要な条件を保つために自然とのバランスを取ることを意味します。
サステナブルとはある選択の一つではなく、必要なことであり、ただのトレンドであるべきではありません。

 

どんな選択がサステナブルで、どんなものが違うのか?

私たちはまだこの質問に良い答えを導きだすことができません。
バランスは、固定されているものではなく、流動的であり、様々な要因によっていつも変化します。

私たちの各々が、水や酸素、食べ物、エネルギーのような生命に必要な資源を消費しています。
もし自然が再生させるよりもさらに急速に、私たちが資源を消費すると、バランスは崩れます。すべてのこの資源は、循環プロセスによって再生成されます。この循環プロセスを私たちが知り、尊重すること、学ぶことが非常に大切です。

消費は二つの要因に依存します。
私たちは何人いて(人口)、私たち各々がどれほどこの資源を使用しているのか。

私たち各々が使用する資源の量の指標を、「エコロジカル・フットプリント」と言います。例えば日本のような現代の消費的生活様式の人によるエコロジカル・フットプリントは非常に高いものです。それは、サステナブルなものではないと言えます。

二酸化炭素量のバランスを維持する自然のサイクルは、人類の行為により変化しました。
「温室効果」としても知られているように、現在、空気中の二酸化炭素は増え続けています。

私たちは生活に、プラスチックのような生分解せず、制御できないほどの量や形の人工物質を取り入れました。

プラスチックは環境下に蓄積され、自然の循環サイクルを変えていき、さらに新たに人工物質が造り出されています。そのため、私たちの存在がどのように変化していくか、維持するのかどうか、私たちにはわかりません。

もちろん私たちの地球は存在し続けるでしょうが、未来には私たちがいない可能性もあります。

しかし、生活スタイルが大きな問題なのでしょうか?
実際は一部分でしかありません。

本当の問題は、この生活スタイルを造り出し、それを維持し、資源を無駄に浪費しながら、資源を搾取している企業にあります。

なぜでしょうか?
それは今日の資源の浪費には、値段はなく、それどころか多くの利益を生んでいるからです。

浄化する代わりに汚染することは、確かにより安価です。汚染による本当の値段は、それを生産した企業ではなく、社会にのしかかります。

さらに、汚染は国境を超えていき、国際協定も難しいため、汚染を管理することもさらに難しくなります。

 

私たちには何ができるのでしょうか?

色んなことを考えてみました。
– まず第一に意識的であること、そして事実を見極めるため、情報を仕入れることです。多くある話の中の言葉からではなく、事実から判断してください。

– 私たちの習慣は大切です。
浪費を少なくしながら、私たちの役割を果たすことができます。少ない環境影響への選択に向けて、私たちの消費を変えていきましょう。
例えば、肉食を減らし、魚や野菜を摂取することです。

– 手本を示し、他の人や企業が後に続くよう説得することができます。
企業は、私たちのお金が行きつくところです。私たちは汚染にはコストがかかることを認識し、汚染の少ない企業にはボーナスを与え汚染の最も多い企業には今行われているよりもはるかに多くのペナルティを与えるよう、政治家に向けて行動することができます。

 

Amidoriでは、ファッションではどんな行動をしていくべきかを理解するあなたの手助けをしたいと思っています。より持続可能を追求する会社やブランドを探し、あなたに紹介していきます。あなたはそれらの会社を選ぶことができますし、他の人にすすめ、続いてもらうこともできます。

毎日の行動のうち、よりサステナブルなアイデアやヒントを探し、一緒にそれをやっていけるようシェアしていきます。サステナビリティは私たち全員に関わることです。

エコロジカル・フットプリントを減らし、幸せに生きていくことは可能です。私たちはただそれが実現できるよう望むべきです。

Share

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on linkedin

Brand

Related Posts