衣類の素材から地球を守る。「サステナブルなヘンプ生地」
Canapuglia

ヘンプは、多くの土地で育つことのできる強い植物で、農薬殺虫剤や枯葉剤、化学肥料を使うことのない、オーガニックな方法での栽培が可能だ。

しかし、いくつかの国では有機栽培ではない為、原産地や認証を確認することが必要である。
ヘンプは、コットンよりも非常にサステナブルな素材である。同じ糸に必要な水は、約70%も少なく、成長段階では、CO2を非常に吸収する為、CO2を減らすことに役立つ。

ヘンプの生地は、抗菌性、防臭性、低アレルギー性、吸湿性を備え、肌への刺激が少ない。また、何度も洗濯をしても、型崩れしづらく、カビ、摩擦、汚れ、縮み、日焼けによるダメージにも強い。

しかし、リネン素材のように、しわになりやすい特徴があり、少しざらざらとした手触りで、色の吸収性は少ない。
この理由で、ヘンプは時にコットン等の他の生地と混紡される。

Share

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on linkedin

Brand

Related Posts